ウェディングプランナー

wedding

様々な結婚式をプロデュースするための仕事

未婚化や晩婚化が問題となっている昨今ですが、一方で自分たちなりのこだわりのある挙式をしたいと考えるカップルは数多く存在しています。

ここ最近の流れとして地元で大勢の関係者を招いて行う結婚式はやや減少傾向にある一方で、海外挙式などのリゾートウェディングを希望したり、身内だけで静かに行う小規模の手作り挙式の人気が高くなってきています。

結婚式は昔より冠婚葬祭行事の中でも最も重要で華やかな式として認知されており、何よりこれから新しい人生を歩もうという二人の門出を祝うとても重要なものです。

そんな人生の転機となる重要な式をプロデュースし満足のいく式にするためのお手伝いをしていくのがウェディングプランナーとしての仕事となります。

ウェディングプランナーとしての勤務先となるのは主に結婚式場の運営企業や、バンケットルームを貸し出すホテルのウェディング担当課です。

他にもブライダル企業として運営するプランニング専門会社に就職をしたり、場合によってはフリーランスでプランニングを請け負って独自のパイプを使って会場や衣装を用意していきます。

ウェディングプランナーになるための資格

ウェディングプランナーとして勤務をするために事前に必ず取得しなければいけないという資格は特にありません。

全く無資格のまま高等学校や大学を卒業してから、ブライダルプランニング企業や結婚式場の運営会社に採用されてそこで一から式についての勉強をして一人前を目指すということも多くあります。

しかし中途採用など新卒以外の方法でブライダル業界を目指す場合や、より確実に就職をしたいという場合には事前に資格を取得しておくことが望ましいといえます。

ウェディングプランナーのための資格は今のところ全て民間の検定資格とされています。

その中で最も有名なものが「ABC協会認定 ブライダルプランナー検定」です。

ABC協会とは「全米ブライダルコンサルタント協会」の日本支部のことで、業界内でもっとも多くの提携先を持つ有名な協会です。

試験を受けるために特に事前に資格を満たすことはなく、誰でも1級もしくは2級で試験を受験することができます。

または資格試験とは別に専門学校に通って実務研修をするという方法もあります。

全国にあるイベント系もしくはブライダル系専門学校では、実際の挙式場と提携して式の裏方の仕事を体験しながら業界のことを学ぶことができます。

また専門学校では式のプランニングのほかに、衣装やメイク、ヘアスタイル、内装、インテリアなど細かい部分についても学ぶことができるので、ブライダル業界を全体的に把握し実務的知識を備えるために大変役立ちます。