アロマセラピスト

aroma

自然の香りで癒しを与えるスペシャリスト

アロマセラピーとは、複数の香りを用いることでお客さんの気持ちを安らがせるスペシャリストです。

人の体は特定の匂いを感じたときに刺激を受ける脳の部位が本能的な感情に非常に近い位置にあることから、香りは人の心理に大きな影響を与えるものであることがわかっています。

アロマセラピストはそんな人の心に良い影響を与え癒し効果を生む香りについて知識を持つ匂いのスペシャリストです。

アロマセラピストとしての勤務先としては、アロマを専門に扱うお店だけでなく、エステサロンなど他の美容系施術をする場所や、その他病院の待合室のように気持ちを落ち着かせる必要がある場所があります。

香りというのは目に見えないものであるため、どちらかというとそれ専門の業者よりも香りを間接的に利用する仕事で多く求められる分野かもしれません。

アロマセラピストとして勤務をするためには

アロマセラピストは専門の高い知識が必要になる仕事ですが、就業のために特に何か資格を得なくてはいけないということあはりません。

しかし自らアロマやハーブを販売する場合には、知らずに危険な成分を含むものを販売してしまう可能性もあるため、事前にしっかりと基本的な知識を身に着けておくことが望ましいと言えます。

アロマについて学ぶための資格として最も有名なものとして、日本アロマ環境協会が主催する「アロマテラピー検定」があります。

こちらは民間の検定資格として実施されているものですが、知名度も高く得られる知識の信頼性が高いのでまったく初めてという人にもおすすめです。

なお検定資格には1級と2級とがあり、まずは個人として正しく楽しむための2級から受験することがおすすめになります。

1級を取得することにより自分だけでなく周囲の人にも勧めたりすることができるようになります。

職業としてより積極的に利用するなら、1級よりもさらに上位資格となるアロマテラピーアドバイザーやアロマテラピーインストラクターといったものを取得するとよいでしょう。

これらの資格があると自ら店長となって開業をしたりするときにもかなり有利になります。