アパレル販売員

aparel

ファッションが好きな人に適した仕事

アパレル関連業は女性などに人気の業務です。

学生などのアルバイト先としても定番となっているのがアパレル販売店ですが、勤務をするときには訪れるお客さんと会話をしながら本人の望むようなファッションを提案していきます。

主な勤務先となるのはデパートや専門店など衣類を取り扱う場所で、販売員のほかに「ファッションアドバイザー」といった名称で勤務をすることもあります。

仕事をしていく上で必要となるのが販売されている商品について正しい知識を持っているということと、お客さんに気持ちよく選んでもらうという接客技術です。

アパレル店ではお客さんの体系にあった洋服を準備すればそれでよいというわけではなく、場合によってはその人の持っている他の服などと合わせる方法などを提案していきます。

自分自身がファッションに興味を持っていないとなかなか魅力的な提案というものはできにくいので、まずは勤めるお店のファッションが自分に合っているかということを考えてみましょう。

アパレル販売員の仕事をに有利な資格

アパレル関連の仕事は基本的に無資格で就職することができるものばかりとなっています。

販売員の多くはアルバイトやパートとして勤務をする人ですが、ファッションメーカーやブランドではそうしたアルバイト店員から副店長や店長を抜擢するということもよくあります。

スキルアップをしていくためには勤務経験を適切に積んでいくということのほかに、販売員として専門知識を勉強していくということが必要になります。

おすすめの資格としては「ファッション販売能力検定」のような販売員の資格です。

販売員資格は民間の技能検定のみとなっていますが、勉強をすることにより販売のためのテクニックだけでなく店舗運営をしていくための方法や、より効果的なマーケティング戦略を系統的に見に着けることができます。

他にもファッションコーディネーターなどのアパレル系資格はいくつかあるので、自分の興味に応じて取得をしていくことをおすすめします。