エステティシャン

este

女性に人気の美容のプロフェッショナル

エステティシャンは、全国各地にある民間のエステティックサロンに勤務をしてそこで美容に関する施術をしていくための仕事です。

美容関連の仕事については美容師や理容師がありますが、髪の毛をカットしたり整えたりするということ以外については特に事前に国家資格を得なくてもよいこととなっています。

逆に言えばエステティシャンの仕事は髪の毛以外のすべての体のパーツに対してのケアをしていくものといえます。

エステサロンではマッサージや肌のトリートメント、痩身施術、脱毛といった美容に関する数多くのことを引き受けることとなっています。

このうち注射やメスなど医療行為に及ぶ分野については無資格の人が担当することはできませんが、例えば同じ脱毛でもその機器が医療行為に該当しない範囲のものであるなら担当をすることが可能です。

エステティシャンとしての勤務先は全国チェーンなどの大手エステティックサロンが最も多くなっていますが、自ら独自の美容施術を学び、個人で開業をしているというケースも見られます。

就業のために公的な資格を得る必要はないのですが、実際の施術においては美容に関する知識は不可欠であるのでほとんどの人は先に民間の技能資格を得てから求人を探しています。

エステティシャンの資格について

現在エステティシャンとして仕事をしていくための技能を習得するための資格は、民間の技能資格のみとなっています。

いくつか種類がありますが最も有名なのは日本エステティック協会の主催するエステティシャン検定です。

日本エステティック協会は全国に認定校をもっており、そこで所定のカリキュラムを300時間以上受けることにより修了とされ受験資格を得ます。

そのあと資格試験を受け、合格をすることにより日本エステティック協会からの認定を受け、資格として就職や仕事に利用していくことができるようになります。

なお資格は3年に一度更新が必要となっています。

エステティシャンとしての資格はこの日本エステティック協会主催の試験のほか、大手エステティックサロンが独自の検定基準で実施している社内試験もあります。

全国的に有名なサロンや化粧品メーカーでは勤務をしている人がそのスキルや勤務年数ごとに試験を受けることを推奨しており、それに合格していくことにより社内での業務責任も大きなものを任されるようになっていきます。

社内検定とはいえ業界内では大手の試験はかなり知名度があるので、転職をするときにその内容を記載しておくことで有利に取り扱いを受けることもできます。

エステティシャンの適正と今後の見通し

エステティシャンは美容に興味のある女性に非常に適した仕事であるといえます。

現在は美容ブームであり毎日のように新しい施術方法が開発・導入されてきています。

ですのでエステティシャンとして勤務をしていくためにはまず自分自身が美容に高い関心を持ち、新しい技術をいち早く使えるようになりたいという前向きな姿勢が大切になります。

またエステティシャンは高度な接客術も求められるので、訪れるお客さんにどのような提案や施術をすすめるかということもまた重要なスキルの一つとなってきます。

エステティックサロンという場所は美容のための施術をする場所であるだけでなく、訪れる人にとっての癒しを提供するところでもあるので、他にもヒーリング系の資格やスキルを持っている人も多くみられます。

今後も美容関連への需要は衰えることはないと考えられるので、いかに魅力的な施術を提案できるかということがエステティシャンとしての将来に関わってくるでしょう。