ペットシッター

petsitter

ペットを預かり世話をしていくための仕事

ペットシッターとは、ペットを飼育している家庭からの依頼を受けてその自宅へ行きペットの世話をしていくという仕事です。

ここ近年の空前のペットブームの影響で多くの家庭で何らかのペットを飼うようになっていますが、一日も欠かさず世話をするというのは簡単なことではありません。

旅行や冠婚葬祭など数日自宅を開けなくてはいけないというときには、ペットホテルのように預けることができる施設にお願いをするか、もしくはこのペットシッターに依頼して室内での世話をしてもらうことになります。

ペットシッターはできるだけペットのために飼育環境を変えずに世話をお願いしたいという飼い主からの依頼を受け、普段と変わらない世話をするための仕事をしていきます。

ペットショップや動物病院のようにペットを持ち込みで預けられる場合と異なり、その家庭それぞれの事情にあったケアをしていくという意味で個々人のペットに関する知識がより深く求められてきます。

ペットシッターとして勤務するためには

ペットシッターとして勤務をすること自体には何らかの資格が必要になるということはありません。

ですがやはり飼い主としても大切なペットを預けるとともに自宅に他人を上げることになるので、しっかりとした知識やスキルがある人を雇いたいと思うところでしょう。

そこでペットシッターとしての採用の現場においては、事前に民間資格を取得している人が優先される傾向があります。

ペットシッターとしての資格として最も有名なのがが「認定ペットシッター」というペットシッタースクールが主催する試験で、年齢が16歳以上であれば誰でも受験ができるようになっています。

こうした資格があるとペットシッターの派遣会社からの依頼を受けやすく、飼い主さんとの話し合いもスムーズに行うことができます。

勤務をするときにはペットシッター派遣会社に登録をして依頼に応じてクライアントのもとにいくという方法と、自らがフリーランスとなって個別に依頼を受け付けるという方法とがあります。

いずれにしても飼い主の方としっかりした信頼関係を築くことができるかどうかが長く仕事をしていくことができるかのポイントとなります。